セルフネイルをもっと上手に仕上げるコツ3点!

ネイルカラーを塗る前に

自分でネイルをデザインしたかったり、気軽に塗りたかったり、塗ることそのものが楽しかったりと、セルフネイル派の方は大勢いらっしゃいますよね!しかし、爪にばかり集中して、爪周辺のケアは怠っていませんか?甘皮が残ったままだったり硬化してカサカサしていると、せっかくの可愛いネイルの魅力が半減してしまいます。日頃から甘皮処理したりオイルで保湿することを忘れないで下さい。爪も適当に爪切りで切るのではなく、ラウンド型やスクエア型などあるので、自分に合った形を選んで爪が傷みにくいやすりを使って形を整えましょう!

ベースコートは重要!

ネイルカラーを爪に直塗りしている方はいませんか?もしいらっしゃったら、すぐにやめて下さい!ネイルカラーによっては、爪にダメージを与えやすかったり色素沈着しやすいものがあります。ところが、ベースコートをひと塗りするだけで爪の保護につながります。爪の厚みも増して、二枚爪や折れからも守ってくれますよ。更に、保護だけではなく素爪の凸凹を整えたりネイルカラーの発色を良くしたりするものもあります。ベースコートは速乾性の高いものが多いので、めんどくさがらずにササッと塗りましょうね!

トップコートはセルフネイルの強い味方!

トップコートもちゃんと塗っていますか?トップコートは、ネイルカラーはもちろん、小さい飾りやシールなどのネイルアートの仕上げに使うと持ちがぐんっと良くなります。不器用さんはネイルカラーを上手く塗れなくてムラが残ってしまうこともありますが、トップコートはツヤがあってはみ出しても分かりにくい透明で、粘着性が高いのでネイルカラーよりもずっと上手に塗ることが出来て、ムラも目立たなくしてくれます。また、数日経って質感が失われてきたネイルにトップコートだけでも重ね塗りすると、ツヤが蘇ります。あまり頻繁にネイル全部を塗り替えることは、素爪にダメージが大きくトラブルの元ですので、トップコート重ね塗りで全部の塗り直し回数を減らし素爪への影響を少なくしましょう。

ネイルをしている女性は沢山いて、ネイルの専門店も少なく無いです。ネイリストの資格も簡単に取れるので、資格を取得する人が増えています。