ボトックスを注射した後のことを知っておこう!

ダウンタイムはない!

ボトックス治療は、筋肉と神経が結合している所にボツリヌス菌から作り出した薬剤が作用することで、表情筋が動いた時に出来るしわの発生を防ぎます。わずか10分の施術ですから、仕事帰りや用事で出かけた時に近くにあるクリニックで…という具合に気軽に行える美容整形として人気です。注射一本で済みますから、しわやエラ取りでボトックスを使った場合にはダウンタイムもありません。その日からすぐに化粧や入浴をしても構わないんですよ。

どういう経過をたどるの?

ボトックスの効果は基本的に徐々に出て来ます。大体治療の効果が安定するまでには二週間くらいかかります。ボトックスの効果は永続的ではないので、しばらくすると次第にその効果が無くなっていき、やがて注射をする前の状態へ戻っていきます。またボトックスを打ちたい場合は、効果が薄れていく四か月くらいから治療を受けるのがいいでしょう。もし注射したばかりで、もっとやってもらいたい!と思った場合も、とりあえず二週間は待ちましょうね。

副作用について知りたい!

ボトックスには、まれにですが副作用が起こる場合もあります。具体的な症状は内出血や赤みなどです。もしこれらの症状が出てしまった場合でも、時間が解決してくれますから心配は無用です。内出血などの予防クリームを用意してあるクリニックもありますよ。また、滅多に起こることはないのですが、まれにボトックスの毒素の効果が強く出過ぎてしまい、表情が変わることがあります。これはまれにしか起こりませんし、あくまでも一時的な物なので解消していきます。安心してくださいね。

ボトックスは、肌質や年齢にかかわらず、様々な肌ストレスを和らげるうえで、効果的な施術のひとつとして、今や国内外の美容外科などで普及しています。