こんなにあったの?肥満の原因と治療方法!

甘いものが好きだからって肥満になるわけじゃない!

皆さんの身近に肥満の人はいますか?もしかしたら自分こそがメタボだ!と思ってる方もいるかもしれませんね。男性なら貫禄がついた、恰幅が良い、女性なら柔らかそう、暖かそうなど、良いイメージをお持ちの方もいるかもしれません。ですが実際には「自分の体重もコントロールできない人がどうやって他人をコントロールするのだ」など、社会人として厳しい評価をされることもあります。それに健康面から言っても、高血圧や糖尿病など、取り返しのつかない疾病を誘発しかねない状態です。さっさとそんな状態からはおさらばしましょう!

どうして必要なの?肥満治療!

まず、肥満は単なる状態ではなく、治療が必要な病気であるのだと言う認識を持つことです。「別に太ってたっていいじゃない」なんて意見を言う人もいますが、それはその人が肥満でないから出てくる言葉なのです。それに、ちょっと嫌な話ではありますが、身近に見下せる人間がいたほうが人間は楽なのです。そんな精神的にも身体的にも不健康な状態はさっさとおさらばして、もっと健康的で前向きな生き方が出来るよう、改善したほうが良いに決まってるのです。

なにをすれば良いの?

まず、病院での肥満治療の基本は、運動指導と食事療法です。正しい食事と正しい運動ができれば、すぐに改善します。しかし厄介なのはホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れなどが原因の場合です。しかしこれもニワトリが先か卵が先かという議論と同じで、肥満になるからバランスが崩れてしまう、というのもまた正しいのです。病院で治療を受ける場合、まず身長体重年齢などから基礎代謝を割り出し、それを基に栄養士が作成した病院食を食べ、運動療法士などの指導によって運動を行います。有酸素、無酸素などはその人の体質や目的によって変わってきますが、基本は摂取する熱量よりも多くなるよう、そして毎日継続できるように指導されます。一時的に減るだけでは意味がありません。長い生涯にわたって継続できるような指導が、肥満治療なのです。

肥満治療とは肥満を医療の対象とした治療のことをいいます。面談や検査でその人の問題を知り、そのうえで治療が開始されます。患者は病院で様々なサポートが受けられます。肥満に悩む人の最後の希望かもしれません。